SWEAT

スウェット

SWEAT

※本ページの商品詳細は10月初旬に公開予定です。

STYLING

01

シンプルすぎないスウェットでカジュアルに差をつけて

ショート丈+ボリュームスリーブだったり、カレッジロゴ入りだったり。カジュアルコーデに欠かせないスウェットは、今秋もバリエ豊かなデザインで登場。シンプルにおさまりがちなアイテムだからこそ、ほんのりエッジの効いたデザインでまわりと差をつけたい。

シンプルすぎないスウェットでカジュアルに差をつけて_2
WOMEN

model : 165cm tops : M bottoms : M

Tops:
Goods:
MEN

model : 180cm tops : L bottoms : L

Tops:
Bottoms:
Shoes:
Goods:

02

フーディはセットアップにして都会的に着るのが簡単

きれいに立ち上がるフードのデザインで、ハイカジュアルなムードを表現できるフーディ。スウェットパンツと合わせた上下スウェットコーデに、トラッドなジャケットを加えて都会的に着こなして。これなら、スウェットが苦手な人も部屋着にならない。

フーディはセットアップにして都会的に着るのが簡単_1
フーディはセットアップにして都会的に着るのが簡単_2

model : 165cm outer : M tops : M bottoms : M

Tops:
Bottoms:
Shoes:
Goods:

03

シンプルなのに今っぽい、
抜け感のあるハーフジップスウェット

レトロな雰囲気満点のハーフジップスウェットは、今季のトレンドアイテムのひとつ。1枚で着るなら襟元のジップは開けて抜け感を出して。深いピーコックグリーン×薄色デニムとの同系色コーデも、おしゃれ感をあげる鍵。

シンプルなのに今っぽい、<br class="u-only-pc">抜け感のあるハーフジップスウェット_1
シンプルなのに今っぽい、<br class="u-only-pc">抜け感のあるハーフジップスウェット_2

model : 170cm tops : M bottoms : M

Bottoms:
Shoes:
Goods:

04

頼れる肉厚スウェットでカジュアルを更新

ふっくらとした厚みのある生地が特徴のスウェット。ベーシックなアイテムながら、絶妙なゆったりシルエットで今っぽい“くだけ感”が叶うところも人気の理由。同系色のグラデーションで全身をまとめて、トレンド感と上品な印象を欲張ってみるのも気分。

頼れる肉厚スウェットでカジュアルを更新_1
頼れる肉厚スウェットでカジュアルを更新_2

model : 184cm outer : L tops : L bottoms : L

Tops:
Bottoms:
Shoes:
Goods:

05

ヴィンテージライクなパーカでこなれた印象

アンティークゴールドで統一されたフードのアイレットやファスナーを取り入れた、ヴィンテージ感の漂うパーカ。何気なく取り入れるだけで、一気に“ツウ”な仕上がりに。合わせるアイテムをオールホワイトで仕上げれば、カジュアルながらクリーンなコーデの完成。

ヴィンテージライクなパーカでこなれた印象_1
ヴィンテージライクなパーカでこなれた印象_2

model : 180cm tops : L bottoms : L

Tops:
Bottoms:
Shoes:
Goods:

SHARE ON :

  • LINE
  • TWITTER
  • FACEBOOK