暑さ吹っ飛ぶ今だけプライス SUMMER SALE

MEN'S STYLE MAGAZINE

話題沸騰のゆったりボトムス「バルーンパンツ」
着まわしフル活用術

全体的に丸みのあるシルエットで、ちょっと個性的に思えますが、じつはカンタンに着こなせるのがこの「バルーンパンツ」。ただはくだけで全身にグッドなバランスを作ってくれるので、トップスを選ばず、さまざまなコーデに応用が効くのです。シーン別に着まわして、オールマイティに活躍するボトムスの底力を実証していきます。

今、バルーンパンツが気になる!

丸みを帯びたシルエットが特徴

丸みを帯びたシルエットが特徴

バルーンアンクルパンツ」は、その名のとおり風船のような曲線を描く、全体に丸みのあるシルエット。ウエストと裾にダーツをあしらうことで、どの角度からもスタイリッシュなフォルムが保たれています。

足首がのぞくアンクル丈なので、ほどよい抜け感を生み、全身のバランスを整えてくれますよ。

2つの素材、どっちを選ぶ?

軽くてハリのあるきれいめ素材

軽くてハリのあるきれいめ素材

それではパルーンパンツの2つの素材をチェックしてみましょう。まず「コットンポリエステル素材」から。

豊かな風合いと通気性を備えたコットンと、軽くて丈夫なポリエステルの利点を合わせ持った生地です。品のある素材感を生かした、ちょっときれいめな着こなしにおすすめです。

はきこむほどにアジが増すラフ素材

はきこむほどにアジが増すラフ素材

カジュアルなムードを求めるなら、ぜひ「デニム素材」をチョイス。ジーンズ感覚でラフに着こなせるので汎用性は大!

はきこむほどにアジも出てくるので、くだけ感のあるラギッドな装いにもってこいです。

バルーンパンツをシーン別着まわし活用

ブラウンのバルーンパンツを着まわしトライ

ブラウンのバルーンパンツを着まわしトライ

それではシーン別に、バルーンパンツを着まわしてみましょう。

週末ドライブにもってこい

週末ドライブにもってこい

なにかと体に負担のかかる長時間ドライブは、イージーなはき心地のボトムスが嬉しいもの。

バルーンパンツなら、ウエストがゴム仕様なのでストレスフリー。腰回りや太ももにもゆとりがあります。それでいて足元はアンクル丈ですっきりしているので、運転中も快適なのです。

トップスに気を遣えば仕事着にもOK

トップスに気を遣えば仕事着にもOK

適度なゆとりがあって楽チンなバルーンパンツ。トップスをきれいめシャツにすることで、お仕事スタイルにも対応可能。

座っている時間が長くなるデスクワークでは、締め付け感のないこんなボトムスが重宝するはず。

ジムへの行き帰りだって軽快に

ジムへの行き帰りだって軽快に

ジムやコンビニといった近所への用事があるときは、さっとバルーンパンツに着替えて出かけましょう! いつものワンマイルコーデを格上げしてくれるはず。

独特な丸みのあるシルエットのボトムスは、イージーでありながら今っぽさ満点。どんなトップスを合わせてもスタイリッシュに見せてくれますよ。

デニム地のバルーンをシーン別着まわし

デニム生地のバルーンパンツを着まわし活用

デニム生地のバルーンパンツを着まわし活用

お次は、デニム素材のバルーンパンツを着まわして、汎用性をチェック。

DIYを楽しむ時間にぴったり

DIYを楽しむ時間にぴったり

ラギッド感あふれるデニム素材なので耐久性に優れ、少々汚れたり、引っ掛けたりする可能性のあるDIYを楽しむ際にもマッチします。

トップスにヒッコリー地のシェフジャケットを合わせれば、ワーク感たっぷりの旬なコーディネートに。ぜひトライしてみてください。

カフェでは清潔感ある服装で

カフェでは清潔感ある服装で

カフェでほっと一息つく至福の時間。そんな空間にも馴染むのがこのデニム素材のバルーンパンツ

洗練されたゆったりフォルムで座りの姿勢も楽ちん。これで週末のくつろぎタイムを満喫できるでしょう。

キャンプにもばっちりハマる

キャンプにもばっちりハマる

あたたかくなり、緑の芽吹く季節に楽しみたいのがアウトドアでのアクティビティ。このところ盛り上がりをみせるキャンプでは、動きやすく、汚れを気にせずにはけるボトムスがもってこい。

そこでイチオシなのがデニムバルーンパンツ。防風などの機能を備えたシェルパーカをトップスに合わせて、スタイリッシュかつ快適なキャンプを堪能してみてはいかがでしょうか。

バルーンパンツはやっぱり使える

バルーンパンツはやっぱり使える

シルエットに個性のあるアイテムは、コーデに自然とアクセントが生まれるので、じつは着こなしが簡単だったりするもの。というわけで旬のバルーンパンツをぜひワードローブに加えてみてください。きれいめにもカジュアルにも対応できる守備範囲の広さで、きっと今期の一軍ボトムスになってくれるはず。

PHOTOGRAPHER:TATSUNARI KAWAZU(S-14)
STYLIST:TOSHIHIRO OKU
HAIR & MAKE -UP:SHOTARO(SENSE OF HUMOUR)
WRITER:YOSHIKATSU YAMATO (kontakt)
MODEL: TAKESHI WATANABE

MEN'S STYLE MAGAZINE アーカイブページを見る
  • SUMMER TOPS&BOTTOMS
  • シャツコレクション
  • Tシャツコレクション
  • パンツコレクション
  • マスク
  • SUMMER ITEM
  • オンラインストア限定商品
  • Style Hint
Page Top